menu

ストレスを無くす

頭を押さえる人

人間関係や、環境の変化が重なり過度はストレスで心身症になる体の病気です。なりやすい年代は、20代から30代、男性は40代が多く、提示されている年代は、一番ストレスを感じやすいと言われています。男性だと重役を任されたり、異動になったりなどの変化と忙しさで発症し、そのままうつ病へ移行する可能性が高いです。結婚や出産を経験すると祝福したい出来事でも生活は大きく変わりますからストレスは相当なものでしょう。自身の感情に気付かない・気づいても相手に伝えられない小児ほど、心身症になりやすくなります。一見、別の病気アレキシサイミアに似ていますが、未熟で感情表現が難しい時期なので大人より患者数が多くなります。一番の解決法は、ストレスを無くすことです。小児なら、感情を伝えられるよう道具や積極的なコミュニケーションで予防出来ますし、成人なら好きなことを通して発散出来るでしょう。ストレスと共存しなければいけない環境ですから、発散は常にしておくべきです。友人や家族との会話は心身症治療に良いので、積極的に会話をしていきます。

心身症を克服するためには、まずストレスを減らすことから始めます。原因は全て心にありますから、表面に出ている体の不調よりも中身に注目しないといけません。ストレスに重点を起き、軽減出来る方法を模索していきましょう。例えば時間を忘れて没頭出来る趣味や、アロマオイルを使ったマッサージ・音楽を聴きながら読書など、心が休まる行動は沢山あります。忙しい時こそ、自分の時間がほしいので心身症回復が最も見込める方法です。しかし、ストレスの原因が仕事だと、減らす以外方法がありません。また、人間関係が心身症を発症させたのなら環境改善に努めないといけません。仕事の負担を少しでも減らせるよう、上司に相談をし、軽くさせます。人間関係なら少しずつ歩み寄る努力をすることで自然と分かりあえます。誰かに相談することで、ストレスは軽減されます。職場の信頼出来る同僚でも構いません。相談は、ネットの掲示板で気軽に出来ますから顔が見えない分話しやすくなります。精神科ではカウンセリングを儲ける傾向があり、心身症に役立っています。そのような精神面のサポートをしてくれる機関の利用を視野に、ストレス発散をしていきましょう。