menu

完治は薬でも可能

医師と相談

ストレスに気付かないと、蓄積される一方です。心身症の悪化は免れないでしょう。精神からくる体の不調と精神面両方から働きかける治療法で完治を目指します。例えば、心のケアは精神科や心療内科へ、体の不調は内科治療を頼るなど2つの協力があれば、完治までの道のりは決して険しくないのです。ただ、心身症に直接働きかける特効薬は今の所ないに等しいです。言ってしまえば、病院で処方される各薬は補助的存在なので、無意味だと感じる方も少なくありません。実際に行われる治療では、カウンセリングとストレス発散法を交え、そこに薬を入れるのが一般的ですから根本的に完治させたいなら薬を併用した方が良いでしょう。もちろん、薬を使わなくても治る病気なので心配はいりません。医師とよく相談し、最適な方法で治療を進めていきましょう。

薬の有無は、ストレス軽減の行方と体の状態・症状で判断します。治療薬は大きくわけて内科と精神薬です。頭痛や腹痛・吐き気など体に及ぶ症状が沢山あります。必要に応じて内服薬を処方する時もあれば、精神的な症状が強いようなら精神に効く薬を処方します。ただ、心身症はストレスが原因なので、内服薬で回復してもまた繰り返します。自律神経が乱れていると、精神面で異常をきたしますが服用をやめた瞬間再発する場合が多いです。ストレスをなくし、心のケアに重点を置くことが今回の治療目的ですから、繰り返し症状が続くならカウンセリングの併用は避けられません。心のケアに関する知識は隅から隅まで吸収しており、とても頼りになるパートナーなので、積極的に受けるよう努力しましょう。リラクゼーション法でも心身症が改善された報告もなされています。